品質標語 入選者の声

 このたび第58回品質月間では、前回に引き続き品質標語入選者の方々に、入選にあたっての喜びの声や感想などを聞かせていただきました。現場で働く方をはじめ、ものづくりに携わった方々のものづくりに対する思いや熱意が喜びの声として表れておりますので、是非ご覧ください。
入選者の皆さま、おめでとうございます。

「小さな変化も見逃さない 日々の努力で確かな品質」

佐藤 恵美さん
(千住電子工業株式会社 製造部 製造1課)
入選のご連絡を受けた時は、ビックリしました。
このような素晴らしい賞を頂き、ありがとうございました。
毎日の作業の中で感じたことを素直に表現しました。
これからも品質向上に努力していきたいと思います。

「一人ひとりが意識を高め 明るい職場で よりよい品質」

内藤 美幸さん
(サンデンホールディングス株式会社 開発・モノづくり本部 製造統括室)
この度は、品質標語の入選作品に選んでいただき、驚きとともに大変光栄に思っております。
今回のテーマである『スマートプロセスで よい職場と豊かな品質』から、よい職場とは、皆が品質に関する意識を同じように高く持ち、それを共有できる明るく活気のある職場だと思い、この作品に表現しました。
これからもモノづくりの職場として、この作品に恥じぬよう、よりよい品質づくりに取り組んでいきたいと思います。
ありがとうございました。

「見直そう! 仕事のやり方、考え方」

中西 健一さん
(アイホン株式会社 大阪支店 大阪営業所 市販第二グループ)
この度は、名誉ある賞を頂きまして有難う御座います。
この標語は残業が発生してしまう日があり、仕事にメリハリがつけられておらず、自分の仕事のやり方を見直す必要があると感じていた思いを表現しました。また写真右は上司(写真左は標語製作者)であり、日々仕事のアドバイスをもらう中で思い付いた言葉であったため、今回2名で撮影を致しました。
標語だけで終わらず、これからも仕事の品質アップを目指し、努力していきます。
ありがとうございました。

「心をこめて よりよい商品 よい社会」

速水 英樹さん
(東京鉄鋼株式会社 ネジ・加工品事業部 技術部 施工技術二課)
このたびは、私の品質標語が入選し、喜びと驚きでいっぱいです。
製造業に携わる者として、今後もよりよい商品を提供し、安心安全なよりよい社会の発展に寄与していければ、うれしいかぎりです。
今後もこの入選をよい機会として更なる品質向上に向けて、精進したいと思います。

「プロセス革新 よい職場 高めるやりがい 高まる品質」

渡辺 英雄さん
(自営)
公募のサイトを覗き、ふと、「スマートプロセス」の説明に目がとまったのが応募のきっかけです。
働き過ぎ、さまざまなハラスメント、果ては過労死・・・、現代日本に横行するブラックな労働環境からは高品質な製品は生まれないでしょう。プロセスをもっと革新し、働きやすいよい職場を作り、仕事へのやりがいを高めてこそ、品質の高さも生まれると信じたいですし、そういう理想を掲げる職場であってほしい-----そんな思いを素直に標語にしました。
思いがけない賞をいただき、舞い上がっております。ありがとうございました。
  • 品質標語
  • 品質川柳
  • 品質月間テキスト
  • ポスター
  • 特別講演会
  • 品質月間商品
  • スケジュール
  • スクリーンセーバー